CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 『クロームドシティ』の世界1-3 | main | 豚の肉を揚げて喰らう術 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゴシック文の練習1

 呪わしき日の光が夜の帳に沈み、血の時間が訪れた。一片残らず欠け落ちた新月の虚空に広がるは底無しの闇。ぬばたま暗き地の表には、白く凍てつく霧の海。おぼろに更けゆく二月の夜は硬く静かに凍結し、血の正餐を待っていた。
 ヴィクトリア様式の建造物が影を落とす倫敦市街。今宵の贄を求めて妖霧漂う街路を独り歩くは白皙の麗人。闇のごとくに溶け込む外套を羽織りつ、目深にかぶられたる帽子より一房の銀髪を夜気に弄らせている。右手にあるは刃渡り四インチの短剣。いまだ血を吸わぬ刃の光芒が漆黒の闇中に照り映えて、銀色の雫がこぼれ落ちる。
 女は吸血の鬼であった。人の生き血を啜り、肉を喰らう魔鬼。有史以来連綿と続く系譜の末子として、女は正しくその血を伝えていた。そればかりか、先代より継ぐ殺人の鬼としてもまた完璧なる後継者であった。その血統正しき名の一つはカーミラ。
 この夜のカーミラは女を欲していた。既に人の血肉を断たれてより五日。飢えたる猛獣にも勝る血の渇望は、生白き女の肉を以てより他に癒す術があろうはずもなく。血臭探りて闇を渡る吸血の幽鬼は、さながら血肉の亡者であった。低く踏み鳴らされる靴音は鋸歯波の旋律を石畳に刻みつ跳ね返り、滑るように動くカーミラの後を追って昏き瘴気が渦を巻いた。





 ふだんの三倍ぐらい労力がかかるので、とりあえずここまで。
 この調子でエログロやったら需要あるかな。

| Lesson | 23:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - |
コメント
吸血鬼、締め切り今月末に延びたよ。
よろしく。
| える(敵) | 2004/07/10 7:39 AM |
ところで、この文章くどくないか?
懐古調な割には文章のテンポもよくない。
もうちょっと語彙も増やしたほうがいいかも。
| える(敵) | 2004/07/10 7:43 AM |

 くどい文章の練習なので仕方ない。
 語彙とテンポについては修行します。
 難しいなぁ。

| 牛 | 2004/07/10 8:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gimlet.jugem.cc/trackback/35
トラックバック